不動産売却の流れ・期間とは?長引くデメリットや対策も解説

公開日:2024/04/15  最終更新日:2024/03/13

期間

不動産売却は、準備から完了までにかなりの期間を要することが一般的です。売却にはさまざまな手続きや準備が必要であり、その過程で様々な問題や課題が発生する可能性もあります。本記事では、不動産売却の流れと期間について詳しく解説していきます。不動産売却を検討されている方は、ぜひ最後までご一読ください。

不動産売却の流れ

不動産売却の流れは、一般的に以下のようになります。

 1.事前準備

不動産を売却する際には、様々な書類が必要です。具体的な書類は物件の種類や売買形態によって異なりますが、土地や建物の所有権を証明する登記簿謄本や、建物の構造や面積を示す図面、固定資産税の課税証明書などが一般的です。

売却を検討する不動産を複数の不動産会社に査定してもらい、適正な価格を知ることが重要です。査定を受ける際には、物件の状況や周辺環境などを詳細に伝えることがポイントです。査定を受けた不動産会社との間で媒介契約を締結します。

媒介契約には、不動産会社に売却の代理権を与える内容が含まれます。契約の種類には、一般媒介や専任媒介などがありますので、自身の希望や条件に合わせて選択しましょう。

 2.売却活動

不動産会社は、売却物件を広く宣伝することで購入希望者を集めます。主な宣伝手段としては、インターネットや新聞、チラシなどがあります。物件の魅力を最大限に引き出すような宣伝活動が重要です。興味を持った購入希望者には内覧を行い、物件の魅力をアピールします。

購入意思がある場合は、価格や条件などの交渉が行われます。不動産会社が購入希望者との間に立ち会い、円滑な交渉をサポートします。

 3.決済・引き渡し

購入希望者と価格や条件などに合意が得られたら、売買契約を締結します。契約書には、売買の条件や引き渡し時期、支払い方法などが記載されます。契約内容をしっかり確認し、必要な手続きを進めましょう。売買契約の完了後、引き渡しの手続きが行われます。

物件の引き渡し時期や引き渡し方法は、契約書に基づいて行われます。購入希望者が物件を引き渡しを受け、売却は完了となります。

以上が、不動産売却の基本的な流れです。物件の売却は一般的に数ヶ月から半年程度の期間を要しますが、地域や市況、物件の状態によって異なる場合もあります。円滑な売却を目指すためには、不動産会社との信頼関係を築きながら、適切なタイミングでの売却を検討することが重要です。

不動産売却にかかる期間

不動産売却にかかる期間は、平均的には3~9ヶ月程度と言われていますが、物件の種類や状況によってはさらに長期間を要することもあります。まず、マンションの場合、平均売却期間は6ヶ月程度とされています。マンションは比較的需要が高いため、比較的早期に買い手が見つかる傾向にあります。

しかし、物件の状態や立地、価格設定などによっては売れるまでの時間がかかることもあります。一方、戸建ての場合は平均売却期間が11ヶ月程度となります。戸建てはマンションよりも需要が限られるため、売却までに時間がかかることが多いです。

特に古い物件や人気のないエリアでは、売れるまでに1年以上かかることも珍しくありません。また、売却期間が長引く要因としては、物件の価格設定や宣伝活動の充実度、売り出し時期などが挙げられます。適正な価格設定や効果的な宣伝活動を行うことで、売却期間を短縮することができる場合もあります。

さらに、売却期間を短縮するためには、信頼できる不動産会社との提携や物件の魅力的な点を積極的にアピールすることも重要です。不動産売却は一大事業であり、慎重な計画と行動が求められます。

売却期間が長引くデメリットと対策

最後に売却期間が長引くデメリットと対策について見ていきましょう。

物件に関する印象が下がる

売却期間が長引くと、「売れ残り物件」というマイナスイメージが付きやすくなります。このような印象は、物件の魅力を損なうだけでなく、売却活動を難しくする要因となります。そのため、早めの売却を目指すためには、適正な価格設定や効果的な宣伝活動が必要です。

売却活動の優先順位が低くなる

売却期間が長引くと、不動産会社や買い手からの関心が薄れる可能性があります。これにより、売却活動の優先順位が低くなり、売れるまでの時間がさらに長引くことがあります。売却期間を短縮するためには、物件の魅力を引き出す効果的なアピールや、積極的な売り出し活動が必要です。

売りやすい時期に売り出すことで、売却期間を短縮することができます。例えば、引越しシーズンや学校の入学時期など、需要が高まるタイミングを狙って売り出すことが効果的です。

値下げをしなければいけない

売却期間が長引くと、売却価格を引き下げる必要性が生じることがあります。物件の価格が高すぎると、買い手がつかないため、適正な価格設定が重要です。また、売却価格の引き下げにより、売却益が減少する可能性も考慮する必要があります。

この場合、物件の清掃や修繕などを行い、物件の魅力を引き出すことが重要です。特に、水回りや外観などは買い手の印象を左右する要素となるため、重点的に対策を行うことが必要です。

まとめ

不動産売却は、準備から完了までにかなりの期間を要することが一般的です。売却にはさまざまな手続きや準備が必要であり、その過程で様々な問題や課題が発生する可能性もあります。不動産売却の流れは、事前準備、売却活動、決済・引き渡しの3つの段階に分かれています。

売却期間は、平均的には3~9ヶ月程度と言われており、物件の種類や状況によってはさらに長期間を要することもあります。不動産売却は慎重な準備と計画が必要であり、信頼できる不動産会社との協力が大切です。

【水戸市】おすすめの不動産売却・買取業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社コマツザキ不動産情報館ツジタLIXIL不動産ショップ マイルーム館香陵住販不動産コム
特徴物件に合った個別の対応を心がけており、条件が整えば2日で買取=現金化した実績も!創業40年の実績と経験で的確な提案を実現!スムーズな契約を意識地域密着型の営業活動で売主をサポート!広い土地の買取にも対応茨城県でNo.1の店舗数!地域に密着した独自のサービスを展開ワケあり物件の相談も受付中!売主側へのサポート体制が抜群
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索
【水戸市近辺】エリア別不動産売却・買取業者一覧